袖川の今について【デザイン×プログラミング】

2018年6月12日

タイトル

こんにちは!
今日は自分の中での整理も兼ねて、今どこで何をしていて、今後どんな事をしていきたいと思っているかも含めて書いていきます。
ブログではまともに自己紹介もしていないので、少しでも自分のことを知ってもらえたら嬉しいです。

どこにいるか

フィリピンのセブ島です。

何をしているか

Nexseedという学校でエンジニア留学中です。
プログラミングとデザイン、英語を勉強しています。
プログラミングは特にSwiftを勉強しています。

なんでエンジニア留学をしているのか

以前にfacebookのノートで上げた記事を参考にしてください

そこにも書いていますが、自分の志の実現のためにプログラミングという手段を体得したいと思ったからエンジニア留学に行く事を決めました。
国内のプログラミングスクールに通わなかったのは、英語も勉強したかったと言うのと、環境をガラッと変えて自分を追い込む事で学習効果の向上が見込まれると経験則的に考えたからです。

繰り返しになりますが、僕の志は「対話で世界の負の流れを正に変える」ために、「対話による人々の可能性の最大化」「一人でも多くの人に対話の重要性と技術を広めること」です。

今回のエンジニア留学でSwiftを学び、自分で考えたアプリを開発してリリースする事で、志に向けた一歩を進みたいと思います。

デザイン×プログラミング

さて、そんなわけでアプリ開発を進めているわけですが、今のアプリには「UI/UX」という考え方が不可欠です。
UI/UXとは何かについてはここでは割愛しますが、今のトレンドゆえ調べればいくらでも出てきます。

自己紹介を兼ねて UI / UXデザイナーとはなんぞやの説明

僕は大学で入会していた学生団体の時にデザインについて考える機会は多かったのですが、先輩に教えてもらったり過去の戦略や知識を自分で調べて真似してみるだけで、体系的に学んだり、それこそUI/UXを念頭に置いたデザインはやったことがありません。

ど素人です。

そこで先日、Facebookでこれについてご教授を願う投稿をしたのでした。

恵まれていることに、Facebookでコメントを頂いただけではなく、わざわざメッセージでおすすめの本やサービスを教えてくれた方もいて、とても助かりました。

学んだことをすぐにアウトプット出来る環境にいるので、いつもより吸収スピードですし、何より楽しい(笑)

それでは、ここで僕が実際に開発しているアプリと友達に頼まれてデザインを手がけているアプリをちらっと紹介します。

こころぐ

こちらは僕が今開発を進めている感情整理アプリです。
コーチングに基づいた質問に答えて行くことで自分のその時の感情を整理、記録を取ることが出来るというものです。
企画からデザイン、コーディングまで全部自分でやっているので、留学が終わるまで完成するかぎりぎりですが(笑)
今まさに頑張って進めています!

foover2

こちらはバッチメイトが作っているアプリです。たたきのデザインを僕につくらせてくれました。ありがとう!
ざっくり言えば飲食店の予約・注文・支払いのフローをアプリのみで完結させる、というものです。
飲食店のコストカット、ユーザーのスムーズな飲食体験の提供が可能となります。

以上が今僕がつくっている、関わっているアプリです。
早いとこリリースしてPDCA回したいですね。

クリエイターの視点で社会課題を解決していきたい

留学していて強く思うのは、「思いを形にすることは楽しい」と言うことです。
もっと言えば、「自分が成し遂げたいことを自分が楽しいと思える手段で成し遂げる」は楽しいと言うこと。

志を持っている人はそれぞれアプローチ方法を持っているわけですが、「僕はどうやって社会課題にアプローチすれば良いのか」という問いは前からずっとありました。
それはつまり、「自分は何をやりたいのか」という事。

今、僕は「クリエイターになりたい」と思っています。
対話を軸に、「もの」「こと」をつくる人間として、社会と人と向き合っていきます。

今日はこの辺で。
それでは!